派遣になって2年経った今でも、派遣特有の肩身の狭さを感じています。

 

正社員の仕事を辞めて早2年近くが経とうとしていますが、いつになっても派遣社員というのは世間体的に肩身が狭いなと思わされます。

 

まず、どんな場面においても 正社員>>>>>>派遣社員 という構図が成り立ってしまうのです。

 

仕事一つをとってもそうですし、プライベートにおいてもそうです。

 

ここ最近でも、派遣社員というだけでゴミクズ扱いされたエピソードががありますので、ブログでご紹介したいと思います。

 

 

派遣社員は会社の備品を使用するだけで煙たがられる

 

 

僕は節約もかねて、自販機でドリンクを買うことをやめて水筒を持っていくようにしています。

 

味も大して気にしませんし、会社に給茶機があるので、それを使用していた方がドリンク代がかかりませんからね。

 

給茶機はそれなりの人が利用します。

 

ですが、今の職場では暗黙の了解で、派遣社員はなるべく利用を控えるような雰囲気があるのです。

 

先日、給茶機を利用しようと思って、列に並んでいたところ、後ろに社員様が並んできました。

 

いざ僕がお茶を入れていると、後ろの社員様から「ちっ、早くしろよ。。。」っぽい声が聞こえたんですよね。

 

普通ならカッとなるところですが、ここで喧嘩したところで契約を切られるのは派遣社員である僕です。

 

焦った僕は水筒の半分くらいまでしかお茶を入れることができず、その場を去りました。

 

それ以降、誰もいないタイミングを見計らってしか給茶機を利用できていないですね。

 

給茶機に限らず、おにぎりを温める電子レンジや、給湯室もそうです。

 

僕の後ろに社員様が並んできただけで、物凄いプレッシャーです。

 

そういう意味ではトイレなんかも、社員様が後ろに並んでいるとプレッシャーを感じますね。

 

この瞬間に、自分はゴミクズ以下の派遣社員なんだな、と痛感させられます。

 

特に今の派遣先はひと目で社員様と派遣社員の区別がつくような目印があるので余計に辛いところです。

 

この瞬間、一刻も早く派遣社員という日本の最底辺から抜け出さなければならないと感じます。

 

 

派遣社員は婚活市場でもド底辺

 

 

体調を崩す少し前の話ですが、正社員で働いていた頃の同僚が結婚をするということで、久しぶりに会ってきました。

 

その同僚は一時期だいぶ苦労していたものの、持ち前のキャラで今や営業成績もNo2くらいまでにのし上がっていましたね。

 

苦しくても2年間頑張り続けた同僚と、その苦しさから逃げて派遣社員になった僕ではえらい違いです。

 

本題ですが、その同僚が気を利かせてくれたのか、女子も2名ほど呼んでくれていました。

 

歳は同じくらいで、女子2人はモロに独身。そして、モロに婚活中。

 

めちゃくちゃブサイクって程ではないのですが、性格がかなり自虐的でしたね。

 

——————

「30代になってから、一気に自分の価値が下がった」

「婚活パーティーでは変な男しか寄ってこない」

「もう結婚できないかもしれない」

「普通の人なら誰でもいいから結婚したい」

——————

 

こんなことばかり言っていました。

 

聞いてると、こっちまで暗くなってきちゃいましたねwww

 

話の一貫で、僕がバツイチ独身であることを伝えたところ、一瞬女性陣が僕に興味を持ってくれました。

 

ただしかし、、、「仕事は何してるんですか?」という話になったタイミングで、「僕は今は派遣ですね」と言ったところ、スーッと女性側からの興味が薄れていくのが分かりましたww

 

「おいw」ってツッコミを入れたくなりましたが、まぁ結局派遣社員てこうなんでしょうね。

 

結婚に乗り遅れて、「誰でもいいから普通の人と結婚したい」とまで言っている女にすら相手にされないのです。

 

この時ばかりはえりたんが天使に思えましたよ。

 

あそこで僕が嘘でも「普通の会社員です」なんて答えていたら状況は変わったんでしょうね。

 

 

派遣社員はプラスαがないと正直辛い

 

 

このようなブログを書くといつも思うのですが、やはり派遣社員は収入にプラスαがないと辛いですね。

 

派遣社員というだけで「あ、この人。。。(察し)」的な雰囲気になりますしね。

 

「派遣社員だけど、副業で年収1,000万ありまっせ」と言えるくらいにならなければ、派遣社員でいる意味があまりないというのは周知の事実です。

 

派遣社員であることに慣れつつある自分に怖さを感じていますが、やはり事あるごとに派遣社員であることへの後ろめたさは感じずにはいられません。

 

早く自分に合った職場で正社員になるか、もしくは年収数百万稼げる副業を発掘して街を堂々と歩ける日が来ることを願っています。

“派遣になって2年経った今でも、派遣特有の肩身の狭さを感じています。” への2件の返信

  1. 生きていくのは難しいですね
    4月、転職で地方から東京にきて正社員となれた私は恵まれたほうなのでしょうね。
    新年からパチンコで11マン負けて辿り着きましたが、これからもちょくちょく覗きにきます。

    1. かをる さん

      おぉ、正社員ですか。
      それは羨ましいです。
      それが自分に合っている仕事であればなおのこと羨ましいです。
      11万は辛いですね、、、ですが正社員であれば働いていくらでももとは取れそうですね。
      頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。