【美悪の華】男がのし上がるためのノウハウ本をご紹介します。

 

俺は32歳にもなって、仕事は派遣、貯金無し、おまけにバツイチコブ付きというしょうもない男ですが、唯一「女にモテる」という特長は兼ね備えています。

 

そんな俺が今試みようとしている施策が、「ブスセブン爆誕」です。

参考:7股かけて、神セブンならぬブスセブンを爆誕させようと思っています。

 

簡単に言うと、職種の違う7人の彼女を作って、お金を工面してもらおうという作戦です。

 

でもこれ、馬鹿みたいにふと思いついた作戦ではないんですよね。

 

「美悪の華」という漫画をご存知の方はいますでしょうか。

 

この漫画こそ、俺のバイブル的な存在なんです。

 

俺という人間が出来上がったのも、この漫画が影響していると言っても過言ではありません。

 

日々このブログを読んで下さる方というのは、少なくとも俺という人間の生き様に興味がある方が多いと思います。

 

そういう意味では、この漫画は切っても切り離せない存在になりますので少しご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

美悪の華とは

 

美悪の華とは、原作が檜垣憲朗さんで、作画は倉科遼さんの漫画です。

 

檜垣憲朗さんはこの時始めて知りましたが、俗に言うそっち系や、刑事モノの作品が多いようです。

 

倉科遼さんは代表作に「夜王」、「嬢王」、「女帝」がありますので、一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

「美悪の華」がどういう漫画かと言いますと、主人公である「氷室聖人(ひむろまさと)」が自身の美しさ、格好良さ、そして凄すぎるあっちを武器に次々に女性を手玉に取っていきます。

 

そして、その女性を利用してグングンとのし上がっていく漫画です。

 

のし上がるというのは、自分が落とした女性を利用し、ありとあらゆる世界の人間を自分側に付けることで自分の地位を上げていくということです。

 

それだけで言うと、夜王や嬢王も同類の漫画だと思いますが、この漫画のひと味違うところは、「人情」が垣間見えることがほぼありません。

 

基本的に人に対して徹底的に冷たいです。(グロいシーンは特にありませんが)

 

人を落とすところまで落としますし、お星様になってしまう登場人物もたくさんいますからね。

 

そういう意味では僕も人情とか青臭いのはあまり好きではないですし、人間の欲望という欲望をあるがままに書いているのがこの漫画ではないでしょうか。

 

だからこそ読んでいてとても楽しいです。

 

氷室聖人(ひむろまさと)という人間

 

俺自身、氷室聖人という人間の生き様にとても憧れています。

 

とはいえ、氷室も幼い頃は苦労したようで、早くに親を亡くし、引き取られた親戚の先でアメリカ人に穴を掘られています。

 

その後、単身で渡ったアメリカで彼女を見つけたと思ったら、金持ちイケメンに寝取れたりしてしまったりと散々な人生です。

 

おまけに、その金持ちイケメンや周囲から裏切られることで、刑○所にもブチ込まれていますね。

 

その時の怒りや悲しみが原動力となって氷室聖人は生まれ変わります。

 

正確には、自分を裏切った金持ちイケメンをお星様にしてしまい、整形をしてその人に成り代わることで、金城正人から氷室聖人に生まれ変わるんですね。

 

そこからの快進撃は読めば読むほど面白いとしか言いようがありません。

 

某エステサロンの女社長をモノにしたと思ったら、その娘もモノにしてしまい、手切れ金としてお大金を貰ったり、途中から出てくる敏腕エリート刑事とのやりとりもなかなか見ものです。

 

ちなみに、その敏腕刑事の奥さんも氷室に寝取られます。

 

氷室の武器は、その美貌と、あっちのセンスと、C(シー)です。

 

C(シー)とは、まぁ俗に言う気持ちよくなれるお薬のことですね。

 

その氷室の武器を元に次々とひれ伏せる女たち。

 

氷室はその女たちを武器に、権力があるヤロー共を次々に接待します。

 

接待したと思ったら、そのヤロー共の弱みを握ってはまた次のビジネスチャンスに繋げるという、いわば仕事もできて、女にモテて、何でもできちゃうんですよね。

 

俺はこんな氷室聖人に憧れて今を生きています。

 

俺も日々氷室聖人に近付いている

 

そんな氷室聖人に憧れている俺だからこそ、ブスセブン爆誕を考え出したことは言うまでもありません。

 

まずはブスセブンを爆誕させることで、更に氷室聖人に一歩近付きたいと思います。

 

確かに仕事はできませんし、ついでにお金もありません。

 

ただ、美悪の華を読んで、率直に「女は武器になる」と思ったのは事実です。

 

今でこそブス相手ですが、いずれ美人を相手にブイブイ言わせるのが俺の目標なんですよ。

 

だから、これからもイケメンは保っていきますし、日に日に氷室聖人に近づけるように頑張りたいなと思っている次第です。

 

「美悪の華」が気になる方はこちらから

 

「美悪の華」は隠れた名作がゆえ、知らない方も多いかと思います。

 

まずは1巻読んでみてはいかがでしょうか。

 

俺は1巻読んでみて、あっという間に一気読みしてしまいました。

 

ここから買ってくれたら嬉しいですが、俺のことが嫌いな人は他からでも。。。

 

とにかく、読んだ感想を誰かと共有したいですね。

 

宜しくお願いします。

 

 

“【美悪の華】男がのし上がるためのノウハウ本をご紹介します。” への22件の返信

  1. こんばんはー。

    いくらクールで非情に装っても、根っこは優しいですから氷室にはなりきれんでしょう…ってかマンガやん!

    火遊びしすぎて火傷に1000ペソ!!

    1. 誤スロッターG さん

      そうなんですよね、根っこが優しいのが難点です。
      でも氷室は僕の目標です。
      某清原○博が893に憧れるのと一緒ですかね。
      大丈夫です。
      絶対に火傷しませんから。

  2. 氷室聖人か、イカしてんな。
    なおきもそんなイカした男になれよ。
    オレとの約束な!
    ジゴロのなおき!
    オムファタルなおき!
    ドンファンなおき!
    女を生きる目的して突き進め。
    あとコメント入れるときにメールアドレス入れんのめんどくせんだよね。
    外してくんねえ?

    1. ラメ夫 さん

      そうですよね。
      ありがとうございます。
      響き的にはドンファン直樹がいいですね。
      女は本当に武器になります。

      分かりました。
      今パッと設定を変えることができませんので、あとでやっておきます。

  3. 現実と漫画を同じに考えてはいけません。漫画なんてご都合主義なので現実でやると犯罪になることもあり、現実の世界では逃げ切れるものではありません。
    このブログを読んでいるのは確かにあなたの愚かさに興味あるとは思います。あとは漫画を読む程度の時間潰し。
    あまり現実の世界の人間とは思っていない感じもあります。なので、この直樹という漫画がどんなストーリーで進みどんな結末になるのか、幸せになるのか?不幸になるのか?ほぼ毎日更新されるのでちょうどいい書物って感じですね。

    1. 28歳 さん

      そんなことはありません。
      大谷翔平さんはどうでしょう。
      彼は当初漫画のような存在だと言われ、今では漫画以上の存在だと言われています。
      僕は氷室は目標ではありますが、もしかしたら通過点くらいに思うのがいいのではないかとも思っています。

      ブログをやっているとそう思われても不思議ではないかもしれませんね。
      タモリさんやマツコ・デラックスさんみたいな感じでしょうか。
      気が向いたらモザイク付で僕の写真もアップしようかと思っていますので、より親近感が湧いていただけるのではないかと。
      これからも更新頑張ります。

      1. ごく一部のエリートレベルの成功者を例えにあげるのは何か違うと思いますよ。この直樹という漫画の主人公はクズの癖に自尊心があり自分を過大評価してますが、はっきりいって技量は全くありません。偏差値35の言い訳の達人にお金を貢ぐ女性はなく挫折して結局親に泣き付くストーリーになると思います。
        弄ばれた女性がいい夢見れたと思うほどこの主人公に魅力は感じないと思いますが、犯罪者にならないように程ほどに。

        1. 28歳 さん

          確かに大谷翔平さんと僕を同類にするのは無理があるかもしれませんね。
          そこはおっしゃる通りです。
          ただ、決して過大評価ではなく、これまでの経験値を元に申し上げているのは言うまでもありません。
          これまで、たくさんの女性と関係を持ってきましたが、ぶっちゃけあとはお金をくれと言うか言わないかの違いくらいかなと思っています。
          頭が悪いのは確かに欠点ですが、バカこそ可愛く見える、、、というのもまた事実です。
          ドスコイちゃんを例に挙げますと、「モ~仕方ないわねー」とか言ってお財布のヒモを緩める姿が簡単に想像ができます。
          むしろ、僕に金を使いすぎて、闇金に手を出すドスコイちゃん、、、そちらが犯○者になるかもしれませんね。

  4. こんにちは。
    (=^ェ^=)です。

    女からお金貰って生活していこうと思っている貴方にオススメの人がいますよ。

    伝説の歌舞伎町No.1ホスト ローランドって人。見た目整形しすぎでパンチ効いてますが話聞いてると何故だか引き込まれるんだよね。私はホストとかマーーーッタク興味無いんだけどこの人がNo.1ってのは凄く納得だなぁと思わせてくれる何かを持ってる。

    たまたまつべで動画見てたら発見したんだけどローランドの話術とかも結構笑えるしユーモアあるから参考にするといいよ。

    私が好きなローランド語録
    後輩と車に乗っていた時
    「俺だったらここで(ウインカーじゃなく)オーラ出して曲がっちゃうけどね~」
    とか、何かジワるし憎めない。

    この憎めないって所が重要なんだろうな。

    個人で女性相手になんかしようとしてるなら一度見てみる事をお薦めします。

    1. ねこ さん

      有益な情報ありがとうございます。
      今度見てみますね。
      ねこさんは、お金を持て余していそうなのにホストに興味ないんですね。
      逆に何にお金使ってるんですか?

      憎めないというのは重要なポイントですね。
      最近の僕は憎まれっぱなしなので、ぜひ参考にしたいです。
      でも、オーラ出して曲がるはいまいちですね。

      ・・・

      かといって代替のセリフが思い浮かびませんが、、、
      面白そうな人ですね。

  5. ドスコイ貯金予想300万に根拠はあるんですか?
    本人がそれらしいこと言ったとか?

    それとも
    その年で男いないんだし
    実家住まいだし
    みなりも地味だし
    休日も遊んでる雰囲気ないし
    たぶん、そのくらい貯金してるだろ~
    みたいなかんじですか?

    だとしたら
    おもいっきり空振る可能性もありますよね?

    1. コケ・コーラー さん

      特にありません。
      コーラーさんが言っているようなことが理由ですね。
      なので、おっしゃる通り空振る可能性はじゅうぶんにあります。
      空振ったら空振ったで、次を見つければいいだけなので、あまり気にしていません。
      今回は職場の人間も味方につける予定なので、職を失うようなことはないと思っていますしね。

        1. トランプ さん

          そうですね。
          まぁでも仮に僕に全て使ったとしても、ドスコイちゃんは本望なんじゃないですかね?

    1. 村人Z さん

      そうですか。
      でも、1巻読めば続きが気になった仕方がないと思いますよ。
      あるかは分かりませんが、ブックオフでの立ち読みや、無料で読めるアプリなどがあればぜひ読んで欲しいです。
      そしてぜひ感想を共有したいです。

  6. 今、前の記事のドスコイちゃんネタ読んだけど、おまえはマジでクソ野郎だな。
    行動の全てが金引っ張るのが目的なんだからおまえは性根の腐ったマジモンのクズだと思うわ。
    親がカネ持ってんならそっちから引っ張れや!
    おまえのやってることは詐欺だからな!クズ野郎が!
    最近は記事あんま読まないで更新あったら煽りコメントだけしてたけど普通に読んだらお前に対して怒りの感情が育ってくるわ!

    1. ラメ夫 さん

      そうですね。
      金を引っ張ることが「僕の」目標ではありますが、それでドスコイちゃんは夢見れるのですから安いものではないかと。
      なので、親から金を引っ張るというのとはまた違う話なんですよね。
      たまにブログで書いているように、ドスコイちゃんには夢を与えるんです。
      それは切なくも、ある時ふと覚めてしまう夢ではありますが。

      僕の予想ではドスコイちゃんは男性経験が非常に少ないです。
      下手したらないかも。
      そんなドスコイちゃんがシンデレラにしてあげられるのは僕だけなんですよ。

      いっときだけもシンデレラになれたドスコイちゃん。
      そりゃぁ多少金がかかっても仕方がないですよね?

      1. なに言ってんだ?
        話になんねーわ。

        しかしなかなかメンタルタフね。
        敬語で丁寧にしっかり返信してくるとわ。

        でもおまえはクズだかんな!

        1. ラメ夫 さん

          そんなことありません。
          まぁ、よく言えば芯がしっかりしているということでしょうか。
          だからこそ、丁寧にお返事できるのです。
          まぁクズかも分かりませんが、不幸なブスよりはマシだと思うようにしています。

  7. あとブログは読むわ。
    続けて読んでるし惰性でな。
    おまえの本質を理解したからこれまでとは違うスタンスでウォッチしてくわ。
    タダだし。

    1. ラメ夫 さん

      ありがとうございます。
      ラメ夫さんは僕のブログの常連として、日々コメントがこないかウォッチしております。
      はい、ご指摘はいつでもお待ちしています。
      納得に値することであれば素直に納得いたしますし、そうでないことであれば、軽く論破してさしあげます。
      議論は大歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。