【歓喜】親に将来起業する旨を報告したらとても喜んでくれました!

 

今日は実家に寄って両親と会ってきました。

 

スポンサーリンク

 

例のごとく、姉と姉の子供も遊びに来ておりまして、なおやんの母親が孫を抱っこしながら出迎えてくれました。

 

こう言ってはなんですが、姉が子供を産んでくれていて本当に助かりましたね。

 

姉はオタク気質なところがあって、将来漫画家になるといって一時期ガチで家を飛び出したような人間ですので、結婚はしないだろうなーと思っておりましたので、なおやんはそれなりにプレッシャーを感じていたのです(^_^;)

 

蓋を開けてみれば、なおやんが離婚してしまい、姉がしっかり結婚生活を続けていて、しかも頻繁に親に孫の顔を見せに行ってくれていますからね。

 

もし、なおやんのムスコしか孫がいなかったらとんでもないことになっていたであろうことは周知の事実であり、言うまでmありません。。

 

人生何があるか分からないとはよく言ったものです( ´∀`)bグッ!

 

とはいえ、今回の目的は、近い将来独立する報告をするということでしたが、親としてはムスコのことが気になっているようです。

 

言葉は話すようになった?とか、オモチャは何か買ってあげてるの?とか、色々聞かれてしまいまして、少しばっかりいたたまれない気持ちになってしまいましたね。。

 

ですが、その話の流れで今回のレンタカー代とかと一緒に、ムスコへのオモチャ代もいただいちゃいまして、しっかり自分の懐に納めさせていただきました( ´∀`)bグッ!

 

また、せっかくなので、ムスコには将来税理士になってもらいたいということは親にもしっかり話をしましたね。

 

すると母親は、「さすがに気が早くない?www」とケラケラ笑っておりましたが、父親は元エリート金融マンというだけあって、「いいじゃないか!」ということで賛成してくれましたね。

 

そう言うなら、なおやんのことも税理士に育ててほしかったですが、それは今更(いまさら)どうしようもないですからね。(^_^;)

 

いずれにしても、さすがなおやんの親だなーという感じでして、やはり何も分かっていないのは元嫁ということは言うまでもありませんね!

 

税理士になれば、年収800万は約束されたものですし、周りからは先生、先生と呼ばれます。

 

また、税理士になればお金の使い方も上手になるでしょうから、お金の貯まり具合も人より早いと思うんですよね。

 

そういう意味では、税理士として10年間働いてセミリタイアするのもアリですし、自分が納得いくまで働くのもアリです。

 

人生の幅が広がる、、、それが税理士であることは声を大にしてここに宣言させていただきたいです!

 

一発当てて散財するような成金経営者や、一発屋の芸能人とはエライ違いですよね。(^_^;)

 

そのため、総合的に考えるとやはり税理士こそが最高の士業であり、最強の職業であることは言うまでもありまてん!!!

 

ムスコはまだ1歳半でいくらでも税理士になるチャンスがあるんですから、このチャンスを逃す手はないと思うんです!

 

そして、なおやん自身も将来起業させていただく旨はしっかり報告させていただきました( ´∀`)bグッ!

 

—————–

なおやん:「実は最近FP2級の資格を取ったんだ。今度はもっと難しい資格にチャレンジして将来独立しようと思っているんだ( ´∀`)bグッ!」

なおやんママ:「そうなの!凄いじゃない。人生一回しかないんだからやりたいことやりなさい。手伝えることは手伝うから。」

なおやん:「ありがとう!予備校とか行くことになったら相談するかもwww」

なおやんパパ:「その意欲が昔からあったら良かったのになwまぁ、いつでも相談してきなさい。」

なおやん:「サンクス!( ´∀`)bグッ!」

なおやんママ:「もう何の資格取るか決めてるの?」

なおやん:「いくつか候補あるけど、まだ決めてない。今の仕事も(主任、係長クラスがやる仕事をバリバリこなす派遣リーダーとして)結構忙しくさせてもらってたりするからね。」

なおやんママ:「そう、大変ね。また決まったら教えてね。」

—————–

 

このような感じで終始和(なご)やかな雰囲気で起業の報告は終わりました。

 

先に管理業務主任者の資格を取ろうと思っているので、今回は敢(あ)えて土地家屋調査士の名前は伏(ふ)せさせていただきあした(^_^;)

 

実際に予備校とか通信教育を使うことになって、援助してもらうにしても半年以上先の話ですからね。

 

その時までに、資格名は温存しておこうというなおやんなりの戦略ですwww

 

まぁ、元嫁とは色々ありましたが、元嫁の考えは横においておいて何が何でも再婚に持っていけるよう尽力させていただきたいと思っている所存(しょぞん)です!

“【歓喜】親に将来起業する旨を報告したらとても喜んでくれました!” への8件の返信

  1. 派遣の仕事をバックレなくてよかったですね!

    息子に勧めるならなおやんも今から税理士目指したら?

    1. けん さん

      ありがとうございます!!!
      まぁでも、契約更新時期がまだ先なのでなんとも言えないのが現状であるのは言うまでもありませんのですがwww
      それも考えましたが、なおやんにはちょっと年齢的に時間がなさすぎます。。。
      上手く試験に合格したとして、恐らく40ちゃいオーバー。。。
      果たして税理士未経験のなおやんに仕事があるか甚だ不思議であることは言うまでもありません。
      ムスコはまだ1歳半、、、税理士として無限の可能性を秘めておりますので、なんとか取得してほしいと考えている次第でございます!!!

  2. おい

    スーパースターの派遣リーダーさんよ

    お前はどうしようもない人間だな

    両親に金をせびるな
    お前のような奴でも
    働いているんだろ
    最低やな 金を貰うな

    お前のようなふざけたはこれから
    何もない人生だな

    これ以上、人に迷惑かけるな。

    まじで、潰す お前のようなふざけた人間

    まじで飲み会しようぞ
    連絡ください

    おれは腹立つ
     

    お前はどうしようもない人間がだな

    1. マーシー?? さん

      まぁおっしゃりたいことは重々承知させていただいている次第です。
      ちなみにマーシー??さんは起業に関する自己啓発書をお読みになったことはございますでしょうか。
      なおやんはかれこれ2冊は購読致しました。
      その中で共通して書いてあることと言えば、「使えるものは使え!!!」です。
      まぁ、そのくらい起業は大変なことでして、33ちゃいになったからといって、親に金をせびってはいけない云々、うんちゃらかんちゃらについては言ってはお話にならないということであることは周知の事実であるということはご承知おきいただいておりますでしょうか!?!?!!?
      飲み会、、、今はまだできませんがぜひしましょう!!!
      なおやん、最近はガッツリワインを飲んでおりまして、まぁ潰れることはないと思っております!!!!!!
      そんななおやんに付いてこれますでしょうか!?!?!?!?!

  3. ああ、そうか
    親御さんのことを言うのはあまり好ましくありませんが、親御さんがそういう考えの方なのか
    納得しました(悪い意味で)

    とりあえず、その年齢で親の金を当てにしていることを恥じましょう
    そして、お子さんはいつか、大切な母親を苦しめ、自分の将来に対して自分の考えだけを押し付けてくる父親をどう思うかを考えましょう

    1. しん さん

      いあいあいあいあいあいあいあいあ、親を頼るということはそこまで悪いことではないのですよ???
      逆にお尋ねします。
      最近発表された白血病に対する薬のニュースがありましたよね???
      あれは世にも珍しい薬でして、数千万はする代物です。
      仮にしんさんのお子さんが白血病だったとしましょう。
      ご自身の貯金、プラスして消費者金融、自分の友人、、、さんざんお金を集めてあと200マン足りなかったとしましょう。
      最後の最後、、、頼めるのは自分の親だけだとして、それでも親には頼らないというのがしんさんのポリシーであるということでいいですか???
      そんなのポリシーでもなんでもなくてポリチャイです!!!
      そのくらい企業が大変だということはご承知おきいただいておりますでしょうか????

    1. 匿名 さん

      そんなことありまてんよ!!!
      なおやんはこう見えて、最近は事業へのプレゼンを任されたほどの人材です!
      しかもなおやんは派遣なのに、課長よりヒエラルキーが上な次長に対して対等にプレゼンをする人材なのです( ´∀`)bグッ!
      それについてはどのようにお考えでいらっしゃいますでしょうか???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。