おにぎり食ってたら警備のおっちゃんに注意されたので、マジギレしたったww

 

血液の病気の疑いが出てからめっきり元気がなくなってきた僕ですが、昨日血圧上りまくりのバトルを繰り広げてしまいました。

 

ガチの底辺同士のバトルです。

 

昨日、昼休みになったタイミングでいつも通りとある場所で握り飯を頬張っていました。(ちなみに今も昼飯は握り飯一個です。。)

 

すると、そこにおもむろにデカイ図体したいかにもコミュ障っぽい警備員のおっちゃんがやってきて、こう言ったんです。

 

「あの、、ここ飲食禁止なんで。」

 

僕の気を悪くさせないために、ニコリと笑って言ってきたのですが、そのニコリが逆に僕の癇に障りました。

 

警備員のくせに俺に何言ってくれてんの?

 

そこからガチバトルが始まってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

警備員のおっちゃんとガチバトル

 

 

僕は立て続けに、「いや昨日の先週も先々週もここで食べてましたよ。どこにもそんな張り紙貼ってないじゃないですか。しかもこれ(おにぎり一個)だけですし、いいじゃないですか。」

 

それでも警備員のおっちゃんは、「いや、、禁止なんで」としか言いません。

 

かなりうざかったですね。

 

いかにもコミュ障っぽい対応だなと思いました。

 

もういいやと思って僕は、無視して最後のふた口くらいを食べようとしました。

 

するとその警備員がおにぎりを食べようとした僕を手で制したのです。

 

カッチーンきましたね。

 

別に最後のふた口くらい見逃せや、、、と思いましたが一向に譲らない警備員。

 

挙げ句の果には、「人を呼びますよ、、、」なーんて言い出しやがりまして、何をおにぎり一個で大げさな、、、って感じでしたよ。

 

こんな底辺相手にしてたら、こっちまで底辺病が移るわと思って、最後に一言言って場所を移りました。

 

「本当にしょうもない仕事してますね」

 

警備員は一瞬ムッとしたような気がしましたが、僕はスタスタとその場を立ち去りました。

 

これで昼飯を食べる場所がなくなってしまったので、これから1日1食の生活にしようか検討中です。

 

 

僕は絶対に警備の仕事はやらない

 

 

批判覚悟で言いますが、僕はどんなに落ちぶれようとも警備の仕事だけはやるまいと心に決めています。

 

警察でもないのに偉そうにしやがってって感じです。

 

以前いた会社で警備会社の人も多少付き合いがあったのですが、、本当に変人が多かったです。

 

さっきのおっちゃん以外にも、たまに本当にヤバイ人が配置に付いてますよ。

 

朝になると、数百人の人が職場にやってきますが、一人ひとりに挨拶しちゃってますからね。

 

永遠に「おはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございますおはようございます」って言ってますから、皆笑いを堪えるのに必死です。

 

んなもん、一回言えばええやろwww

 

もっと笑えるのが、そんな中役員っぽい人が通ると、「おはよおじゃじゃいます!!!!!」って裏返ったバカ声挙げてましたからね。

 

その時はさすがに皆「えぇー?」ってなってましたwww

 

僕はそんな人と一緒に働けません。

 

それに体力仕事な上に、超安月給。

 

炎天下の中、真っ黒になりながら赤い棒を降るだけの存在にはなりたくありません。

 

それに、どことは言いませんが、ネットでアップされている上場企業の安月給ナンバーワンも警備会社ですからね。

 

最近FP(ファイナンシャルプランナー)のことを話題に挙げていますが、10年後、20年後に警備の仕事をやらないために頑張っていると言っても過言ではありません。

 

このように世の中には反面教師がたくさんいます。

 

まぁ、僕もある意味反面教師なのかもしれませんが。。

 

読者さんの中に警備の仕事をされている人がいれば申し訳ありませんが、僕の警備職に対するイメージはこんな感じです。

 

おにぎり一個から話を広げてしまい、恐れ入ります。

“おにぎり食ってたら警備のおっちゃんに注意されたので、マジギレしたったww” への16件の返信

  1. 先行き不安でイライラするのも分かるけど人に当たったり職業で人を貶めるような事はアカン
    10年後警備の人よりももっと酷い状況に自分がなってる可能性があるんだから謙虚に生きなきゃ
    オーラの色が濁ってきてるよ(笑)

    1. 匿名 さん

      申し訳ありません。。。
      あまりに理不尽な対応をされてしまったのでついブログに書いてしまいました。
      まぁ、僕も自分が底辺だと自覚していますからね。
      とてもではありませんが、オーラが輝いているとは思っておりません。

  2. さすがに馬鹿にしすぎでは?
    警備の人が居なきゃ道路を掘り返すことも出来ないし、建築も出来ない。
    貴方の方がよっぽど馬鹿ですよ。

    1. しのぶ さん

      申し訳ありません。
      書きたいことを書いているブログということでお許し下さい。
      でも、警備って、、、警察でもないですし、、、
      なんか中途半端なイメージなんです。
      僕も人間的に中途半端ですが。。

  3. >>「本当にしょうもない仕事してますね」
    お前の方がしょうもないわ!クズが!

  4. オレからしたらお前が究極の反面教師やわ。お前クズ感半端ないわ。
    はよくたばれや!

    1. 役満 さん

      くたばるかどうかは血液の病気次第かと。。。

      あと、IPアドレスが一応分かっていますので、わざわざ名前を変えていただかなくても大丈夫です。。

    1. タツケン さん

      申し訳ありません。
      でもタツケンさんも、「えっ?」っていう警備員見たことありません?

  5. 道路工事の警備とか駐車場の警備とかは必要ないと思います。
    将来はなくなる仕事でしょうね。
    あー、昔はイザとなれば警備の仕事があったのに、となるような気が。

    1. ななし さん

      そうですよねぇ、、、まぁ、定年退職したおっちゃんにとってはいい仕事なのかもしれませんが。
      僕はできればやりたくないです。
      割に合わないので。

  6. 警備の人には上から目線で無く、“ごめーん、今回だけ見逃して”と言ったら違っていたかも。
    オフィスで仕事してるから警備が下だとかはとんでもない勘違いでしょう。
    上には上がいっぱいいるし、ビル ゲイツもお掃除のおばちゃんに優しかったというじゃないですか。

    1. トランプ さん

      いやぁ、どうですかねー。
      たぶん違ってなかったような気がします、、、分かりませんが。。。
      そうなんですか。
      まぁ、ビル・ゲイツくらい人生に余裕があったらそうかもしれませんね。
      下手したら人間が動物を見ているくらいの感覚だったんじゃないですかね。

      1. 余裕というより人格の違いだと思います。警備の人や清掃に従事している人でも立派な人はいます。

        1. トランプ さん

          そうですか、、、
          でも僕はどう頑張ってもビル・ゲイツになれそうにはありません。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。