【実録】年収300万のバツイチでも婚活パーティーでマッチングできるのか

10月14日、僕は離婚後初の婚活パーティーに参加してきました。

 

離婚したばかりということもあり、もう結婚はこりごり、、、という気持ちもありますが、気温が低くなってきた今日この頃、人肌恋しくなってきたのもまた事実です。

 

できればクリスマスまでに彼女の一人でも作りたいなと思っています。

 

遊ぶだけなら、マッチングアプリなどの出○い系で探すのもありです。

 

ただ、僕の偏見でもありますが将来恋人となる人との出会いをマッチングアプリにしたくないんです。

 

誰に言うワケでもないのですが、なんだか後ろめたさみたいなものがありまして。

 

それに、婚活パーティーはマッチングアプリなどと違って、メッセージのやり取りをせずともその場で相手と直接顔を合わせられるというメリットがあります。

 

外見や雰囲気が気に入った子に直接アプローチしに行けばいいのですから、メッセージを何度もやり取りしなければならないマッチングアプリと違って、まどろっこしさがありません。

 

そのため今回はいつ以来かの婚活パーティーに参加してきましたので、状況をレポートさせていただきます。

 

スポンサーリンク

 

僕が利用した婚活パーティー

 

今回僕が利用した婚活パーティーはエクシオです。

 

なぜエクシオかというと、以前何度か利用していまして、非常に安定感のある婚活パーティーだと感じていたからです。

 

会の種類も豊富ですし、まずキッチリ人が集まるという印象があります。

 

最後にご紹介しますが、中には本当にク○な婚活パーティーもありますので。

 

ちなみにエクシオの婚活パーティーは会の1時間前に予約を入れても何の問題もありません。

 

なので、大して気を構えることなくフラッと行けるのも魅力の一つですね。

 

会にもよりますが、参加費はおよそ男性が5,500円、女性が無料、もしくは500円などが多いです。

 

これだけでも高いと思ってしまうのに、以前テキサスさんが参加していた、「豪華客船男性一人200,000円」みたいなものは到底参加する気にはなれません。

参考:ザ・ノンフィクションのテキサスさんから、人に好かれる男を理解した

 

さて、参加すると決めたらどの会に参加しようかウキウキしながらウォッチングするのが婚活男子の常です。

 

参加できる会の少なさに落胆する僕

 

「どの会に参加しようかな」、「せっかく5千円も払うんだし、できれば多くの人に出会いたいな」なんて思いながらサイトを閲覧していますと、一気に気分が落胆してしまいました。

 

なぜなら、僕が参加できる会がメチャクチャ少ないんです。

 

「20代限定」、「年収600万以上」など、色々条件設定がされていまして、そのどれにも合致していません。。

 

バツイチ、30代、仕事は派遣で年収300万の僕なんて本当にお呼びでないということですね。

 

中には「バツイチ同士」なんていうレアな会もありましたが、今回はとりあえず「一人参加限定」という名目の会に参加することにいたしました。

 

婚活パーティー当日とその流れ

 

今回僕が参加したのは、銀座(有楽町)のパーティーです。

 

年収300万ではありますが、銀座ならきっとキレイなお姉さまたちも多く集まるであろうと期待しての参加です。

 

当日の流れはざっとこんな感じです。

 

———————–

受付

 

プロフィールカードを記入

 

全ての女性と3分間のトーク

 

第一印象チェックカードに記入

 

10分間のフリータイム×3回

(フリータイム中に第一印象で自分を良いと思ってくれた人が分かります)

 

運命のカップリング発表

 

カップルが成立すれば、会場の外で待ち合わせ

 

その後はライン交換でバイバイするもよし、飲みにいくのもよし

———————–

 

といった流れになります。

 

何度か参加経験があるので緊張はそこまでありませんでした。

 

ですがやはり気になるのは、以前よりスペックが大幅にダウンした僕に対する女性の反応です。

 

婚活パーティーの参加者層

 

プロフィールカードに、結婚経験有、仕事は会社員(←派遣社員と書かないのがせめてもの意地)、年収310万(←300万と書かないのもせめてもの意地)、としっかり記入し、会がスタートするまで参加者達をチェックします。

 

参加者は男性約20人、女性約15人と半々まではいかないも、これだけいればカップリングへの期待も高まります。

 

年齢層は男女含めて20代後半~30代後半が多かったですね。

 

女性は、それなりに可愛い感じの子がほんの数人いまして、他は「ま、まぁこんなもんか」と反応したくなるような女性が多かったです。

 

一見してさっちん風な女性も多かったですね。

 

3分間のトークで現実を突きつけられた

 

そうこうしているうちに、司会者からの案内があり会がスタートしました。

 

順に挨拶を交わしていきます。

 

すると、ここでもある意味予想通りガッカリする出来事が。。

 

最初の挨拶と同時に、対面になった女性とプロフィールカードを交換するのですが、僕のプロフィールカードに目を落とした女性が一瞬しかめっ面をしたのです。

 

そして、かなりの確率で最初の質問が、「お仕事何されてるんですか?」でした。

 

恐らく女性からすれば、「30も過ぎて年収310万なんていったいどんな仕事してやがんだ」的な気持ちなんでしょう。

 

僕は「普通のサラリーマンですよ。」と回答することができず、なんとも悔しい思いをしました。

 

年収が高い時に参加していた時はまさにその逆でした。

 

最初は趣味などの雑談をし、最後に女性の方から、「よろしければ何のお仕事されているか教えていただけませんか?」的な質問を受ける感じでしたね。

 

あの時の優越感といったらありません。

 

年収が高い時に言っていた、「普通のサラリーマンですよ。」と、派遣になってから言う「普通のサラリーマンですよ。」とではエライ違いがあります。

 

このように、実際に体験してみて分かったことですが、やはり僕のような金がない派遣社員が婚活女子を相手にしようと思ったら相当ハードルが高いということです。

 

フリータイムはヤケクソ状態に。。。

 

その中でも、割と野球の話で盛り上がることができたジャスト30歳の女子(いおりさん)がいましたので、フリータイムでアプローチすることにしてみました。

 

ちなみに、フリータイム中に配られる第一印象チェックカードが僕に渡されることはありませんでした。

 

つまり、第一印象で僕を良いと思ってくれた女性が一人もいなかったということです。。。

 

こんなこと今まで無かったのに、これが年収という金の魔力でしょうか。

 

それでも最後の望みに賭けて、いおりさんに必死にアプローチしました。

 

年収310万の僕に対して、嫌な顔ひとつせず対応してくれるいおりさんに好感が持てましたが、そのような女性には当然他の男も群がります。

 

いおりさんは、マラソンの高橋尚子さんにクリソツでして、愛らしい笑顔がなんとも言えません。

 

以前までの僕ならガッツリ押さえ込みにかかっていたところですが、年収の低さが尾を引いてしまい、どうしても積極的にいけませんでした。

 

そのため、いおりさんと話す以外の時間は、僕でもカップリングになれそうな女性を中心にアプローチしてしまいました。

 

この時点で僕の目的は完全にすり替わっています。

 

好きになれる人を探しに来た婚活パーティーですが、いつの間にか参加費5,000円という金惜しさに、カップリングすることが目的になってしまったのです。

 

結果、ドスコイを思わせるようなどうでもいい女性にばかりアプローチしてしまいました。

 

挙句の果てには、「年収310万のお前には興味ねーよ」的な反応をされてしまい、婚活女子から洗礼を受けることに。

 

運命のカップリング発表

 

そんな不甲斐ないフリータイムが終わり、いよいよ運命のカップリング発表です。

 

フリータイム後、カップルになりたい人を3名まで選び上に記入します。

 

当然、僕が記入したのはいおりさんと、フリータイム中に話した他2名です。

 

それらの記入が終わると、会場のスタッフのさんがせっせと集計するシステムになっています。

 

しばらく時間がたち、司会者さんから、「これから結果発表です。今回のカップル成立は5組でーす」というアナウンスがありました。

 

若干僕の気持ちも高揚します。

 

いおりさんはダメでも、フリータイム中に話した他2人くらいはもしかしたら、、、という期待もありました。

 

ここまでくると、当たるか外れるかというギャンブルをしている気持ちとさほど変わっていませんでした。

 

自分の番号を何度も確認し、順に呼ばれる番号に耳を澄まします。

 

司会者さんより、「それでは一組目の発表です!皆さん、番号が発表されたら拍手をお願いしまーす!それでは第一組目!」

 

ドキドキ、、、

 

「男性3番、女性5番の方おめでとうございまーす。」

 

パチパチパチパチ、、、

 

あー、ガックシ。

 

と、このような感じで順に番号が呼ばれていきます。

 

ちなみに僕の番号はラッキーセブンの7番でした。

 

その後二組目の発表があり、いおりさんはその2番目のアナウンスで他の人とカップルになっていました。

 

そして、、、

 

3組、4組と番号が呼ばれますが、僕の番号は呼ばれません。

 

いよいよ5組目のアナウンスです。。。

 

かなり緊張していました。

 

ここでカップリングできなかったら、ただたんに5千円をドブに捨てたのと変わりません。

 

ドキドキ、、、

 

司会者さんより、「それでは最後のカップルの発表です。その前に、会の終了後の注意事項について説明します、、、」とのアナウンスがあり、簡単な説明を受け、いよいよ番号の発表です。

 

ドドドドドドドドド、、、、、

 

「男性9番の方、女性10番の方です。おめでとうございまーす!」

 

パチパチパチパチ、、、

 

あぁぁぁ、散りました。

 

まさかの結末に愕然とせざるを得ませんでしたね。

 

自分でいうのもなんですが、年収が良かった頃はほぼ間違いなくカップル成立していたのに、バツイチ、年収310万の派遣社員になった途端にこのザマです。

 

特に今回はトークの内容が悪かったとかそういうものはなく、やっぱり世の中金なんだな。。。

 

そう思わざるを得ませんでした。

 

婚活女子、恐るべしです。

 

ただ、婚活パーティーというのはある意味ギャンブル的な要素も含まれておりまして、この期待感と高揚感を味わいたいという気持ちから、次回への参加欲が異様に強くなります・

 

そのため、近いうちにまたリベンジしたいと考えています。

 

おすすめできない婚活パーティー

 

今回の婚活パーティーはカップリングこそできなかったものの、参加人数諸々を考えるとそれなりに納得がいくものでした。

 

ただ、世の中にはまだまだたくさんの婚活パーティーがある分、中にはかなりテキトーな婚活パーティーもあります。

 

そこで一つ、僕なりの体験談を書かせていただきます。

 

一部伏せ字にしますが、シャ○クレールという会社の婚活パーティーは本当にク○でした。

 

以前、池袋開催の会に開始2時間前に予約したことがあり、予約は問題なく取り付けられました。

 

そしていざ池袋に向かっていると、なんと開始15分前になり、「すみません、人が集まらなかったので新宿に来てもらえませんか?」と何の悪びれもなくズケズケと電話してこられたことがあります。

 

1回ならまだしも、これが3回くらい続いた時にもう二度と利用しないと心に近いました。

 

オマケに、その後の営業の電話が物凄かったです。

 

土日になる度に、080もしくは090から始まる番号から着信をよこして、「本日19:00スタートの池袋会場では、女性の参加者の方が多くなってます」的な電話をガシガシかけてきます。

 

僕としては逆にそこまでされてしまうと引いてしまいますし、参加の意欲も薄れてしまいます。

 

このような婚活パーティーも世の中にはありますので、婚活初心者の方はまずエクシオを利用することをおすすめします。

 

※注 僕がエクシオを宣伝しても1円にもなりません。。。のでリンクも貼りませんw

“【実録】年収300万のバツイチでも婚活パーティーでマッチングできるのか” への4件の返信

  1. 最近、また直樹さんのブログがおもしろいです。
    しかし次から次へといろんなことに挑戦していく
    バイタリティーは素晴らしいですね。

    婚活パーティーは年収もそうかもしれませんが、
    「結婚歴あり」がネックだったんじゃないでしょうか。

    参加者のほとんどは結婚歴なしですよね。
    未婚の女性がバツ1男性を選ぶのは自分を安売りするか、
    相手の男性がよほどレベルの高い人かでなければ、
    ないと思います。

    やはり結婚歴ありの人が集まるパーティーじゃないと
    ダメなんじゃないでしょうか。

    もしくは、ドスコイちゃんまでいかなくても
    「このままだと私、結婚できない」と思ってる人ですね。
    この場合は真面目に結婚考えてないなら
    また傷つけることになりかねないので
    気をつけてくださいね。

    1. てる さん

      ありがとうございます。
      金はありませんが、無駄に時間はありますので、ちょくちょくこういったことはやっていきたいと思っています。

      そうですね、、、僕がえりたんのバツイチ子持ちを警戒しているように、未婚の人からすればバツイチは警戒しますよね。
      まぁ、遊ぶだけならいくらでもできるのですが、、、
      彼女となると色々とハードルが高そうです。
      今度はバツイチ交流パーチーに行ってみます。

      結婚はしてもまだ先だと思いますので、、、
      気楽にいっときます。

  2. こんにちは。
    (=^ェ^=)です。

    直樹ちゃんお久しぶりね。
    元気そうで良かったわ。

    そーね。年収300万じゃ相手にされないかもねぇ。
    直樹ちゃんはさ素直だし、追い込まれなければとっても好い人だと思うのよ。
    だからさ、仕事は出来ない俺だけどそれでもいいよ!って人が現れるといいのよね。
    そんな人に出会える事を祈っているわ。

    それとさ、コメントにあったんだけど小遣いたったの一万円で出てくる36才専業主婦のブログ見たわよ。

    あの人可哀想だわ。
    36才にもなって世帯年収780万?で全く贅沢しないでひたすら節約してんのよー。

    なんだか社会不適合者臭プンプンだから自分は働けないみたいだわね。

    ホント可哀想だわ~。
    お祈り~!

    直樹ちゃんはその点人生楽しんでるから応援したくなるってもんよ!

    直樹ちゃんの事ダメな所も全て受け止めてくれる子猫ちゃんが現れるといいわね。

    1. ねこ さん

      どうもお久しぶりです。
      コメント来ねーなーと思っって待ちわびておりました。

      やっぱそうですかね。
      残念という気持ちもありますが、ここまで相手にされないのもある意味新鮮でしたので、もう少し頑張ってみようかなという活力が沸きました。
      結婚自体はまだ考えておりませんので、ゆっくりと考えていきたいと思っています。

      そうなんですか。
      僕はまだ見てませんが、世帯年収780万は羨ましいですね。
      あとで見てみますが、旦那が稼いでるんですかね。

      社会不適合者なのは僕も大して変わりませんが、、、

      ありがとうございます。
      未だに設置してませんが、欲しいものリストを設置した際には、第一号のプレゼンターがねこさんであることを密かに期待していますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。