年収300万の派遣社員が金のために一線を超えた日

 

先日、僕は錦糸町駅に降り立っていました。

 

目的は一つしかありません、まるこに会うためです。

 

この日僕は、2万円というお金を得るためにまるこ特性ハイボールを飲む気でおりました。

参考:まるこ特性カレーは確かにハードルが高い。代替案が必要だ。

 

32歳にもなった大人が2万円も用意できないなんてお恥ずかしい話ではありますが、この2万円があればムスコに会いに行くこともできますし、ムスコにプレゼントを買ってやることだってできます。

 

10%くらいは興味の部分もありますが、とにかく即金でお金が必要だったことに変わりはありません。

 

スポンサーリンク

 

錦糸町でまること待ち合わせ、、、しかし実際に現れたのは。

 

まるこの都合に合わせ、待ち合わせた場所は錦糸町です。

 

僕は錦糸町に詳しくはありませんが、下調べしたところによると飲食店も多いですし、HOTなTELもある街なので特に問題はありませんでした。

 

当日は一旦カラオケに行くことにしていたため、店の前で待ち合わせていました。

 

今回は目的が目的なので、遠方からのチェック、、、からのバックレもできないため普通に待ち合わせました。

 

写メを見た感じ、まるこは自他ともに認めるぽっちゃりおばさんです。

 

でもそこはもう気にしません。

 

緊張しながら待っていると、まるこが現れました。

 

「あ、はじめまして」

 

え?

 

嘘。

 

なんと現れたのは、最近話題の岩崎○子さんを崩した感じの普通のオバサンでした。

 

状況が掴めませんでしたが、それでも少しテンションが上がった僕。

 

詳しくはカラオケ店内で聞こうと思って、挨拶も早々にカラオケ店内に入りました。

 

まるこ改め京子とカラオケ店内でトーク

 

まるこという名前はご本人に失礼にあたるため、ここからは京子さんとさせていただきます。

 

僕がまず聞きたかったのは、例の写メです。

 

僕:「写メと雰囲気全然違いますね。いや、僕としては嬉しいんですけど。」

京子:「え?私どの写メ送ったっけwなんか色んな人からメッセージくるからたまにわかんなくなって」

僕:「これです。」

京子:「あぁ、これ太ってた頃の写真だわw恥ずかしwww」

僕:「そうだったんですね。ずいぶん痩せましたね。しかも、ぽっちゃりって言っていたのでww」

京子:「いやいや、ぽっちゃりだよw」

 

嬉しい誤算とはまさにこのことです。

 

かと言って可愛くはありませんでしたので、ほんの少し安心した程度ですけどね。笑

 

その後はいつもどおり、京子さんのプライベートな話から夫婦の事情などを聞き出し、だんだんとアッチ系の話に持っていきました。

 

当然、その辺もすんなりスルーで、いよいよ本題に迫ります。

 

僕:「そういえば、マジで京子さんのハイボール飲んだら2万円くれるんですか?」

京子:「本当に飲むの?www」

僕:「そのつもりで来ましたwww」

京子:「まぁいいけど。大丈夫?」

僕:「初めてなんで緊張しています。」

京子:「私もそんな経験ないよぉ」

僕:「ですよね。」

 

ここまできたら逝くしかありませんでした。

 

いよいよ覚悟を決めるときがきたのです。

 

ゴクリ。。。

 

僕はカラオケ屋で飲んでいたハイボールを一気に飲み干し、京子さんと店を後にしました。

 

人生初のゴクゴクタイム

 

その後、近隣にあったHOTなTELに入室しました。

 

 

ちなみに、カラオケ含め、HOTなTEL代も京子さんが持ってくれました。

 

入室後、挨拶代わりに1ゲーム消化しましたが、僕は完全に頭が真っ白な状態でした。

 

なにせ、これから京子特性ハイボールをマウスにINしなければならないのですから。

 

1ゲーム消化した後は、京子さんも完全にスイッチが入ってしまっていたようでして、完全に乗り気になっていましたね。

 

とりあえずトルコに入って、意味があるか分かりませんが体はキレイにしておきました。

 

そしていよいよその時がやってきます。

 

京子:「いいの」

僕:「はい」

 

そういうと、京子のピーチが僕のフェイスに近づいてきまして、いわゆる顔○騎○の状態です。

ガチで心臓がバクバクでした。

 

そしてその時がやってきます。

 

き、きたぁーーーーー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ブブブブ、、、ブフォッ!!!

 

ブブー!!!

 

ゲホゲホゲホゲホ!!!!

 

あまりの勢いの良さに、あまり飲むことができませんでした。

 

ガチでオモチャの水鉄砲くらいの勢いはあったと思われます。

 

初心者の僕にはさすがに無理でした。

 

しかし口に含んでしまったことは事実。

 

味は、なんと表現したらいいのか分かりませんが、生ぬるい酸味のないお酢を飲んでいるようなお味でした。

 

「やった、これで2万だ」

 

と思いましたが、そう甘くありませんでした。

 

京子からとんでもない要求

 

京子:「えー、ずるーい。ほとんど飲んでないじゃん。」

 

京子さんは完全にスイッチが入ってしまったのか、イチャモンをつけはじめまして、こう言いました。

 

京子:「それじゃお金あげられない」

僕:「マジすか。どうすれば、、、ゲホゲホ」

京子:「これに入れたの飲んだらいいよ」

 

そう言って差し出してきたのは、小さな紙コップです。

 

HOTなTELにドリンクバーのコーナーがありまして、そこに置いてあった紙コップです。

 

マジか。

 

しかし、ここまできたらやるしかありません。

 

「いいっすよw」

 

すると京子さんは、トイレに行くのかと思いきや、その場で京子特性ハイボールを作り始めたのです。

 

しかし、不幸中の幸いと言いますか、先程水鉄砲並に多量のハイボールを精製したせいか、紙コップに入っていたハイボールはコップの半分くらいでした。

 

「はい、どーぞ」

 

といって紙コップを差し出す京子さん。

 

ゴクリ。

 

その前に、「記念に写真撮ってもいいですか?」ということで、写真を撮らせていただきました。

※この先閲覧注意

 

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮り、紙コップを手にする僕。

 

ここで僕は、自分が遭難者だと思いこむことにしました。

 

これを飲まなきゃ脱水症状でお星様になる。

 

そう言い聞かせ、、、一気に、、、

 

オ、オエッ。

 

飲み干したぁー。

 

ガチで口から色々なものが出てきそうになりましたが、グッと堪えました。

 

「今度こそ2万だ」

 

京子:「本当に飲んだぁ」

僕:「いやぁ、美味かったですよ。ゲホゲホ」

京子:「ありがとwなんか嬉しい」

僕:「喜んでもらえて嬉しいです。ゲホゲホ」

 

そういって、京子さんは即金で2万くれました。

 

こんな感じで、僕の初めてのゴクゴクタイムは終了したのでした。

 

モグモグタイムは次回に持ち越し(´~`)モグモグ

 

その後は京子さんとホテルでまったりしてましたね。

 

僕:「今度は京子特性カレーも食べますよ。」

京子:「やだぁ」

僕:「最初はおちょぼ口くらいしかいけないかもしれませんが」

京子:「いいよ。そしたら5万円あげる。」

僕:「マジすか。ってかお金持ってますねw」

京子:「まぁね、他に使うことないし、副業もちょっとやってるから。」

僕:「何やってるんです?」

京子:「投資だけどね。」

僕:「そうなんですね、今度じっくり教えて下さい。」

京子:「いいよ。」

 

なんと京子さんは投資でちょこちょこ儲けているようでした。

 

まぁ、こんなことに2万出せるなんて何かやってる人なんだろうなぁとは思っていましたが、やはりそうでした。

 

この日は、ムスコへのプレゼントのためにハイボールをガブ飲みしてしまった罪悪感で深くヒアリングできませんでしたが、しっかり次回に繋いでいこうと思います。

 

そして、その次回では京子特性カレーをマウスに含むことになるでしょう。

 

ここまできたら、毒を食らわば皿まで状態です。

 

チマチマと金を貯めて、一発逆転を狙いたいと思います。

 

ありがとうございました。

“年収300万の派遣社員が金のために一線を超えた日” への16件の返信

    1. うんち さん

      申し訳ありません。。。
      まぁ、できれば借金はしたくないなと。。。

  1. 楽しそうに生きてて羨ましい
    こんなのが父親だったら絶望するよ
    たった2万円の為にこんな事出来る人がそのうち犯罪犯すんだろうな
    人に迷惑かけるくらいなら早くお星様になってね(^^)

    1. 匿名 さん

      ありがとうございます。
      と言いたいところですが、あまり褒められている感じではなかったですね。笑
      臭い飯は食いたくないので、犯罪は大丈夫です。
      まぁ、アブノーマルな世界にドップリ浸かってしまうかは分かりませんが。。。
      お星様には、、、もう少し検討します。。。

  2. 直樹さんこんばんは。
    面白かったです。最高です。
    特製カレーを召し上がれば、限界を突破し直樹さんは最強です。
    怖いもの無しですよ。

    1. マーシー さん

      ありがとうございます。
      ですが、マーシーさんのブログには到底及びません。
      最近は毎日2記事更新されていて凄いです。
      まぁ、、、怖いものなしというのは、、、、ある意味そうかもしれませんが。。。笑

    1. 兄貴 さん

      ありがとうございます。
      と言ってよいか分かりませんがありがとうございます。

  3. ハイボールでないの?マジのストレートかよ。(((((((・・;)

    ようやるな。
    直樹でなくて、
    便器だな。

    1. 誤スロッターG さん

      はい、ストレートでいただきました。
      氷なしです。
      便器ですか。
      言い返しようがありません。

  4. 良い悪いという問題はこの際別にして・・

    ハイボールは、飲尿療法というのもあるので、
    大丈夫かと思いますが、カレーは、病原菌なども
    含まれてるので、感染症の恐れがありますね。
    多少のお金には代えられない程の治療代がかかるかも・・
    どんな病気を患うのかも不明だし、
    第一、病院で原因を聞かれたら、ちゃんと答えられますか?

    1. 秋穂 さん

      そうですね、、、
      以前コメントをくれていた方はカレーを食べても問題ないことを言ってはいたのですが。。
      まぁ、その人のカレーによりますかね。
      これからブログをアップしますが、カレーを食べる必要もなさそうです。
      残念です。
      いずれまたそういうタイミングはくるかとは思いますが。。。

  5. OH…ナオキング改めベンキング

    人として、父親としての尊厳も捨ててしまったか。

    カレー5万は安すぎる。

    1. 96猫 さん

      ベンキングですか。
      落ちたものです。
      まぁ、おちょぼ口程度なのでその値段なのかもしれません。
      ゴックリいってしまえばなんとかなるかも。。。

  6. かなり久々にブログ覗いたらなかなかいいじゃん。
    クソ食うのはやめとけ。

    これは一発で当てたチャンスだ。
    ブスセブンは弱者が弱者を喰い物にする匂いがプンプンする嫌悪感100パーの胸糞悪いナオキングをブチのめしたくなるクソアイディアだったけど京子はある程度小金を稼ぐスキルがあるみたいだな。
    京子に尽くしてヒモを副業にしろ。
    主業が派遣労働者で副業がヒモだ。
    京子の稼ぎの能力にもよるが100万くらい毎月稼げるならしっかり京子の子分として尽くして京子のパフォーマンスが上がれば月に10〜30万の小遣いは真っ当な報酬だな。
    合算すれば同年代の平均所得を上回るだろ。
    刹那的な行動はやめて京子のヒモになれ。

    1. ラメ夫 さん

      ありがとうございます。
      ブスセブンの件、大変に不快な思いをさせてしまって申し訳ありませんでした。
      そうですね、京子はなかなかのやり手かもしれません。
      京子のヒモですか。
      まぁ、たぶんハイボールもカレーも、お金をくれるのは最初の1、2回だと思うんですよね。
      直接は聞いていませんが。
      なので、他のパフォーマンスを考えなければなりません。
      これ以上のものはまだ思いついていませんが。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。