【衝撃発言有】ドスコイとの決別デート

 

10月8日、僕はドスコイとデートしてきました。

 

今回のデートの目的は、ドスコイとの決別です。

 

ドスコイには仕事中にいきなり泣かれてしまったり、ブスセブン爆誕へのモチベーションが下がってしまっていたことから、ドタキャンすることも考えていました。

 

しかしそれでは、ドスコイに対してケジメを取ることができません。

 

僕がドスコイに思わせぶりな態度を取ってしまったことで、ドスコイの精神状態はとんでもないことになっています。

 

崩壊寸前です。

 

だからハッキリ言おうと決めていたんです。

 

「君と相撲はとれないよ、、、ごめん。。。」

 

なんて言うとまた怒られそうなのでアレですが、君と付き合う気はない。。。と遠回しにでも伝えるつもりでいました。

 

告白されてもいないのに、あえてそういうことを言うのもどうかとは思いました。

 

しかし、そのくらい言わないとドスコイの気も収まらないと思い、決心した次第です。

 

スポンサーリンク

 

ドスコイと野毛山動物園へ

 

以前、ドスコイが動物園に行きたいと言っていましたので、貧乏な僕は無料で入れる野毛山動物園を選択しました。

 

今住んでいるところから横浜は遠いのでどうかと思いましたが、ついでにランドマークタワー内でウィンドウショッピングでもすれば、それなりにデートっぽくなるかなと思いましたので。

 

ドスコイとは桜木町駅で待ち合わせし、バスで野毛山動物園へ。

 

気候が良かったこともあり、のんびりと動物達を見ることができました。

 

 

 

 

ドスコイから、「直樹くん、写真撮るんだね」なんて言われましたがブログネタのためだとは口が裂けても言えません。

 

ドスコイもそれなりに喜んでいたので、ケチくさい選択をした割にはナイスな動物鑑賞タイムでした。

 

ドスコイが、「今度は水族館に行きたいなぁ」なんてぼやいていましたが、次回はありません。

 

「ドスコイごめん」、僕はそう心の中で呟きました。

 

ランチはコンビニ弁当で

 

動物を見終わった後ちょうどランチタイムになりましたが、あろうことか僕はここでもケチってしまいました。

 

ランドマークの反対側にワ○ントンホ○ルが入っている某ビルがあるのですが、そこに誰でも使える休憩スペースがあります。

 

そこで休憩しようと促し、「ついでにお昼でも買う?」的な感じで、1階にあるセブンイレブンに誘導したのです。

 

ドスコイも、まさか昼飯がコンビニだとは思ってなかったでしょうが、貧乏なので仕方がありません。

 

僕はハイボールとからあげ棒を購入し、ドスコイはがっつりとハンバーグ弁当を食べていました。

そこでは仕事のことや、プライベートなことを話していたのですが、あの日ドスコイが涙したことは口には出しませんでした。

 

ドスコイからの衝撃発言

 

その後、予定通りランドマークタワー内でウィンドウショッピングをしました。

 

特に何を買うわけでもありませんでしたが、1周した頃には段々といい時間になります。

 

するとドスコイから思いもよらぬ発言が。

 

ドスコイ:「この後普通に帰る?」

俺:「そうですね、どうしましょうか。」

ドスコイ:「直樹くんのウチに行っていい?」

 

え?

 

なんとドスコイからウチに来たいと言い出したのです。

 

俺:「いやいや、うちめっちゃ狭いし、ウサギ臭いよ。」

ドスコイ:「ウサギ飼ってるんだったよね。見たい。」

俺:「いや、でも女性を入れる感じでもないしなぁ。。。」

ドスコイ:「少し上がらせてもらったらすぐ帰るよ。」

俺:「うーん、じゃあ少しだけね。マジで臭いからw」

 

まさかの展開になりましたが、言うならこのタイミングしかないと思いましたね。

 

ドスコイには、男の家に上がったという思い出を作ってもらい、送るついでに、「付き合う気はない」と遠まわしに言おうと思いました。

 

寿司を片手にドスコイが家にやってきた

 

移動時間が長かったこともり、ドスコイが「お腹減ったね」と言い出しました。

 

内心、夜飯もドスコイと食うのか、、、と思いましたが、ドスコイから思いもよらぬ提案が。

 

「お寿司買って直樹くんのウチで食べようよ。奢るから。」

 

と言い出しました。

 

あろうことか寿司に目がくらんでしまった僕がいまして、スシローをドスコイに奢ってもらって家で食べることになりました。

 

家にドスコイを上げる前は本当に気を遣いましたね。

 

ドスコイだからいいや、、、とも思えないくらいオンボロアパートなので。

 

なので無駄に、「本っっ当にボロいし、ウサギ臭いからね。」と何度も念を押しました。

 

ドスコイはケラケラ笑っていました。

 

そして、いよいよ我が家の目の前へ。。。

 

ドスコイは何を気にするわけでもなくズケズケと家に上がってきまして、ウサギのことを可愛がってくれました。

 

とりあえずホッとする僕。

 

ウサギがいてくれてある意味本当に助かりました。

 

その後は、2人で寿司を食べました。

 

そしてここからが衝撃の展開です。

 

ドスコイからの告白

 

寿司を食べ終わった頃、ドスコイから、、、

 

ドスコイ:「直樹くんは私のことどう思ってるの?」

 

きた。。。。

 

僕:「いや、仲良くしたいなとおも、、、」

ドスコイ:「そういうんじゃなくて。」

僕:「はい。」

ドスコイ:「正直私なんかと付き合うつもりないよね?絶対なんかあるでしょ。」

僕:「いや、何もないですけど。。。」

ドスコイ:「・・・」

僕:「付き合うとかそういうつもりは確かにない、、、です。。。」

ドスコイ:「思わせぶりすぎじゃない?w」

僕:「すみません。職場の人と仲良くなりたいという意味もありまして。」

ドスコイ:「それでもおかしいでしょw」

僕:「スミマセン。」

ドスコイ:「だよね。。。」

僕:「はい。。。」

ドスコイ:「ごめんね。家まで来ちゃって。」

僕:「いえ、お寿司まで奢ってもらっちゃって。」

ドスコイ:「・・・」

 

するとドスコイが、ウサギの方を見ながらシクシク泣いてしまいました。

 

完全に情緒不安定です。

 

ドスコイ:「ごめんね。なかったことにするから。」

僕:「はい、、、」

ドスコイ:「最後に一個だけわがまま言っていい?」

僕:「はい。」

ドスコイ:「ギューして。もうそれで終わりだから。」

僕:「分かりました。。。」

 

そう言われた僕は、ドスコイのたくましい体をポンポン叩きながら抱きしめました。

 

その後、最寄り駅までドスコイを送っていき、「また職場でね」とバイバイしました。

 

これで、僕のブスセブン爆誕企画に一区切りついたことになります。

 

つくことになるはずでした。

 

が、、、それだけでは終わらず。

 

ドスコイが、3連休明けの火曜、水曜と出勤してきておりません。

 

体調不調ということで聞いていますが、、、それほどショックだったのでしょうか。

 

それでも僕はドスコイに連絡を入れることはしていません。

 

これで本当に一区切りついたのです。

 

ドスコイには本当に申し訳ないことをしたと思っています。

 

あとはただ、ドスコイが無事に出勤してくることを願います。

“【衝撃発言有】ドスコイとの決別デート” への20件の返信

  1. いつも楽しく読ませて頂いています。(ここ一ヶ月くらいからの読者ですが)
    このクソみたいな感じ(褒め言葉)が好きです。
    私も似たような境遇なのですが、私ならできない、言えないことを痛快にやってのける直樹さんのブログを見てると勇気が出てきます。
    飲み会の盛り上げ方とか、すごくなるほどなぁと思いましたよ〜
    批判もあるでしょうが、これかも頑張ってください。応援してます。

    1. ヒモヒモ さん

      ありがとうございます。
      はい、僕はもう独身ですので恐れるものは何もありません。
      ただ、流されやすい傾向にもあり、ブログでいただく意見もきっちり参考にしてしまう性分です。
      これからも痛快にやっていきたいですが、、、
      あまり人の気持ちを悪くさせないように行動していきたいなと思いますw
      はい、「ハズキルーペだぁいすき!」は会社の女子にやってもらうべきですw

  2. 直樹さん、良かったですね。一応一区切りついたね。ドスコイちゃんにも誠意を示したし、後は彼女次第。しばらくは仕事を頑張って、遊びたいならアプリの方で。Good luck!

    1. トランプ さん

      ありがとうございます。
      一区切りついたのは僕だけかも分かりませんが、、、
      とりあえず今の仕事は続けられるように頑張ります。
      遊びもほどほどに。。。

  3. やりましたね!
    結果オーライっしょ!

    このままドスコイ嬢がバックレてくれたら
    神スイング嬢とヨロシクやりましょ!

    ドスコイは仕事できないんだから
    消えてくれて、みんなヤレヤレでしょ!
    係長さんが味方なら問題ナシですよ

    1. コケ・コーラー さん

      やりました、、、かねw
      そうですね、ドスコイのことはまたブログに書きますが、稲村さんとはどうなることやらですw
      子持ちですからね。
      はい、ぶっちゃけドスコイはいなくなっても誰も困りません。
      僕は僕で係長のちょい飲みに付き合い続けて生き延びていくしかありませんが。。。

  4. ああ、家に入れたのが裏目に出てしまったのかもしれないですね。
    でも、こんな経験もイケメンでなきゃ出来ないでしょうね。しばらくしんどいし、私達のような外野もうるさいとは思いますが、楽しい日常になるよう頑張ってください。

    1. 兄貴 さん

      そうですね、、、あの状況で断ることもできず、つい家に上げてしまいました。
      泣かれたときは正直とまどいましたが、、、
      ドスコイには悪いことをしたなと思っています。
      まずはムスコに会いにいくべく金を貯めようと思います。

  5. ドスコイちゃん解ってましたね。友達から忠告あったのでしょう。「騙されてるじゃん」ってね。
    今頃デスノートにめっちゃ書かれてることでしょう。
    「直樹病直樹苦直樹死直樹殺直樹太直樹禿直樹貧直樹汚直樹臭直樹短直樹早直樹超早直樹何故直樹好」

    1. 誤スロッターG さん

      忠告あったんですかね。。。
      まぁ、「絶対なにかあるでしょ?」的な発言はそういうことだったのかも分かりませんね。
      うぅ、まぁ書かれても仕方ないことをしてしまったと思っております。

  6. なかなかのリアル文章で臨場感が伝わってきて今回は面白かったよ
    野毛はいいよねぇ 飲み屋も安いし昭和なディープ感もあって大好きな街です
    いつかぴおシティの地下2階で飲もうぜぇ!!

    1. 村人Z さん

      ありがとうございます。
      やはり写真とかはふんだんに使った方がいいということですかね。
      そうですね、ぜひ!
      まずはオフ会できるように、目標300万の貯金です!

  7. 区切りを付けられて良かったですね。
    これで良かったと思います。

    恋愛に不慣れな方を相手にするとどういう状況になるかが今回の件で分かったと思いますので、今後はご自身のため、そして周りの人を喜ばせられる方向に進むと良いですね。

    1. しん さん

      ありがとうございます。
      ドスコイはどう思っているか分かりませんが。
      はい、、、まぁ今回はある意味まだ可愛いほうだったかも分かりませんね。
      ストーカーとかになっても困りますし。
      基本的にだらしない人間なのであれですが、、、確かにもっと別な方向で頑張るのもありかもしれませんね。

  8. お久しぶりです!
    ドスコイ嬢の勝負パン◯も見ずに帰宅させるとは、直樹さんらしくないですねw 嬢も気合入れてきただろうに。

    1. かっつ さん

      うぅ、あまり想像はしたくないですが、勝負パ○ツだったんですかね。
      ただ、体が太すぎてたまにパ○ティラインは見えてますよwww
      ただ、ドスコイを家に入れて思ったこととして、、、直樹のムスコが元気になりそうもありません。

  9. やはりジゴロ直樹にはなれないですね。
    ドスコイ嬢の傷が浅いうちに、決着がついて
    良かったです。
    とはいっても、もう充分傷ついてるでしょうが・・

    今は仕事に専念するのが1番じゃないでしょうか?

    1. 秋穂 さん

      そうですね、、、ちょっと僕には根性が足りなかったのかもしれません。
      おっしゃる通り、ドスコイはすでに傷ついているでしょう。
      出社してこなかったくらいですから。
      そうですね、、、仕事に専念するかは別として、係長のちょい飲みには付き合い続けて派遣切りされないようには頑張るつもりです。

  10. やはりドスコイちゃんを傷つけてしまいましたね。

    でもそこで止めておいて良かったと思います。
    ブスセブンの計画通り進めていたら、
    生死に関わる傷つけ方をしていたことでしょう。

    ドスコイちゃんはきずついてしまったし、
    これから周りの人の反応で、直樹さんかドスコイちゃんのどちらかがつらい思いをすることになるかもしれません。
    それでも、ここで止まってくれて良かったです。

    1. てる さん

      そうですね、、、結局泣かれてしまったので傷つけてしまったと反省しております。
      ありがとうございます。
      皆様の忠告のおかげだと思っています。

      はい、ドスコイも今後どうなるのか分かりませんが、、、僕は僕でなにかあっても受け止めるつもりでいます。
      できれば派遣切りはさけたいところではありますが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。