家賃4万円のクソボロアパートに住むことになりました。

応援していただけるとガチのマジで嬉しいです/(・ x ・)\

   にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

 

直樹です。

 

 

 

昨日はかねてから予定していた、離婚後の新居を決めるために不動産屋に行ってきました。

 

 

 

それにしても、、、

 

 

 

ここ数日で溶かしている金のことを考えると、引越し費用を出して貰えるのが本当に本当に不幸中の幸いだと思っています。。。(一応、引越し費用の中には敷金礼金も含んでくれています。。。ありがとう嫁。。。)

 

 

 

それがなかったら、本当に無一文になるところでした。

 

スポンサーリンク

 

8月27日から働く職場は都内の外れです。

 

 

 

今回家を決めるにあたって、俺は一個だけ決めていたことがあります。

 

 

 

間取りとかは全く気にしないのですが、、、

 

 

 

とにかく通勤時間だけは短くしようと考えていました。

 

 

 

ホリ○モンもよく言っているかと思いますが、通勤時間ほど無駄なものはありません。

 

 

 

どうせ一人ですし、これから仕事や資格の勉強を頑張ることを考えると、家はただ帰って酒飲んで寝るだけの場所になると思います。

 

 

 

午後、予約していた不動産屋に着き、俺が目をつけていた物件の説明を受けたり、不動産屋が用意していた物件について簡単に説明を受けました。

 

 

 

その後、実際に見学に連れていってもらうことに。。。

 

 

 

家賃があまり出せないだけに、とにかくどの物件を見ても譲らないといけないポイントがいくつかありましたね。

 

 

 

でも、言うようにこだわりなんてほとんどないので、職場から近ければどこでも。。。

 

 

 

ということで、駅からもほどよく近く、職場までもドアドアで40分くらいのところに決めました。

 

 

 

家賃は都内で4万ということもあり、、、

 

 

 

クソボロです。

 

 

 

築は30年近いです。

 

 

 

挙句の果てには、見学に行ったときには虫が○んでいましたし、変な飲食店も近いことからゴ○ブリも必須かなと思っています。

 

 

 

あと、工場も近いので、ちょっと怖い系の人が住んでいるのかな、、、とも想像が着きます。

 

 

 

世の中には30代で1,000万くらい稼いでタワマンに住んでいる人がいることも考えると、、、

 

 

 

俺はガチのマジで底辺だなと思います。

 

 

 

そして、、、

 

 

 

不動産屋にも決定の意思を伝え、あとは郵送等で書類のやり取りをするだけです。

 

 

 

コメント欄で、「今から土下座でも何でもしてやり直せ」というお言葉も頂戴していますが、もうこれで事実上復縁はなくなりました。

 

 

 

あとは、来週中に離婚届を提出して、、、

 

 

 

本当に夫婦関係は終わります。

 

 

 

もう前に進むしかない。。。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

“家賃4万円のクソボロアパートに住むことになりました。” への6件の返信

  1. 33歳でガチのマジで最底辺の生活が始まるんですね。

    家賃4万のクソボロアパートから六本木ヒルズへとのし上がる直樹さんに期待してます。

  2. そんな人達と比べたら誰でも底辺ですよ!
    年収300万の派遣の中でも底辺だから自信持って!
    底辺だからとかクズだからとかで自分に言い聞かせて自分の行動を正当化するのはやめた方が良いよ!
    本当どうしようもなくなってから現状が幸せだと気付いても遅いからね。

    1. シン さん

      年収300万の中でも底辺ですか。
      言えてます。
      今が幸せですか、、、
      ある意味怖いですね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。