この世はただのシュミレーションゲームだと思ったら気が楽になってきた

 

先日書いた来世に関する記事では、たくさんのご意見をいただきありがとうございました。

参考:来世について深く語らせていただこうと思う

 

皆さん、来世について実はしっかり考えているようで、関心させていただいた次第です。

 

今更ではありますが、「マトリックス」ってそういう映画なんですね。

 

確か僕が中学生の頃にやっていた映画で、同級生の中に2回も3回も映画館に足を運んでいた人がいたような気がします。

 

当時は何がそんなに面白いのか分かりませんでしたが、せっかくなので今度拝見させていただこうかなと思っています。

 

現世はあっちの世界で用意された、ただのシュミレーションゲーム。

 

さて、現世については色々な説があり、誰もその答えを見出すことはできません。

 

そして僕も変わらず来世があると信じていますし、この世は仮想現実だという説もじゅうぶんにありえると思っています。

 

ところで皆さん、人がお星様になった瞬間どうなると思いますか?

 

目の前が真っ暗になって、意識も記憶もなくなり、どこか遠い世界に逝ってしまうのでしょうか。

 

それとも、閻魔大王様に会いにいき、天国や地獄に逝く審判が下されるのでしょうか。

 

恐らくですが、そのどちらでもないでしょう。

 

人がお星様になった瞬間、それはゲームオーバーの瞬間です。

 

僕の予想では、現世とは全く違う世界の僕が、僕という人生ゲームを楽しんでいるのだと思います。

 

この世では考えられないくらい、非常に高度なゲームです。

 

まぁ簡単に言うと、お星様になった瞬間、「はいお疲れ様でしたー」なんて言って、係の人からゴーグルを外されたり、巨大なカプセルの鍵を開けてもらうとかそんなんだと思います。

———–

係の人:「どうでしたか?人間シュミレーションゲームは?」

僕:「いやぁ、まぁまぁ面白かったですけど、有名人になってみるのも面白そうですね。」

係の人:「そうですか。次回はオプションを付けられてはいかがでしょうか。」

僕:「ぜひそうします。」

———–

たぶんこんなもんでしょう。

 

なので、あっちの世界では意外と事件の被害者と加害者が和気あいあいとやっているかもしれないですね。

 

—————-

「このやろぉ、俺のことゲームオーバーにしやがってぇwww」

 

「わりぃわりぃ、ついスキだらけなもんだったからさw」

—————-

 

みたいな感じで。

 

また、僕という人生シュミレーションは「下」くらいの価格設定なのではないでしょうか。

 

あっちの世界の僕がケチったか、それともあっちの世界の僕が金持ちで、ダメ人間を体験してみたいと思ったかですね。

 

また、仮に天国や地獄があったとしてもそれもシュミレーションゲームの第二ステージくらいでしかないでしょうね。

 

 

人の能力は努力や才能の問題ではない。設定の問題なんだ。

 

なぜこんなことを言っているかというと、やっぱり考えれば考えるほどおかしいんですよ。

 

この世が存在する意味は誰も分からないですし、どうやってこの世ができたかも分からないなんて。

 

あと、産まれる環境や個人の能力に差がありすぎます。

 

僕という人間がいて、はたまた大○翔平さんみたいな人間がいたら不公平極まりないでしょう。

 

これは言い訳でもなんでもなくて、単純にあっちの世界で設定できるコトなんです。

 

また、あっちの世界では、何のために世界があるかとか答えがあるんでしょうね。

 

そもそも、何のために世界があるとかそういった概念すらないかもしれません。

 

そう考えると、今生きている人生に何の意味もありませんよ。

 

だってこれはただのゲームですし、結局あっちの世界で設定されているコトでしかないのですから。

 

そう考えたら、なんかとても楽になってきました。

 

あえてお星様になるかどうかは別ですが、お星様になること自体に恐怖は感じなくなってきましたね。

 

むしろ、楽しみ、、、くらいの気持ちです。

 

なんだか人生の答えを見つけてしまったようでふと体全体の気が抜けてしまいましたよ。

 

あとはお星様になるのをただただ待つか、、、どうせゲームならもっとやりたいことをやるかのどちらかですかね。

 

シュミレーションゲームの設定について少し考えてみる。

 

ここで一つ、この人生シュミレーションゲームについて少し考察を入れてみたいと思います。

 

仮に僕の人生シュミレーションが、あっちの世界で言う「価格」だけの問題でないとしたらです。

 

例えばポイント制になっていたりして、仮にこの世でたくさんのお徳を積んだ人には、次回の人生シュミレーションゲームで使用できるポイントをゲットできる、なんていうパターンも想定できます。

 

もしポイント制が採用されているとしたら、もう少し人のためになることをしなければなりませんね。

 

でもそれは分かりようがありませんので、ほどほどでじゅうぶんかなとも思っています。

 

自分がダメ人間で悩んでいる人に読んで欲しいこの記事。

 

最後に少し僕の想いを語らせて下さい。

 

世の中には自分がダメ人間で悩んでいる人も多いかと思います。

 

普段あまりこういうことは言わないのですが、そんなことで悩んでいる人がいればぜひこの記事を読んでいただきたいですね。

 

誰しもダメになりたくてダメになったワケではありません。

 

しかもタチが悪いことに、デキる人にはダメ人間の気持ちが分かりません。

 

もう一度言いますが、ダメで悩んでいるあなたの人生もあっちの世界で設定されている内容でしかないんですよ。

 

逆に言うと、デキる人もたまたま何かしらの理由でデキる人間に設定されているだけです。

 

だから、ダメ人間で悩む必要なんてどこにもないんです。

 

だって、イ○ローさんの人生も、大○翔平さんの人生も、安○そーりーの人生も、終わった途端に、「はい、お疲れ様でしたー!」ってあっちの世界でゴーグルを外されるだけなんですから。

 

なので、来世はあなたが安○そーりーかもしれませんし、芦田○菜さんかもしれません。

 

なので、ダメであるあなたも、本来決してダメではない、そう思っていただければ幸いです。

 

共感していただける方がいたらぜひこの記事の拡散をお願いします。

“この世はただのシュミレーションゲームだと思ったら気が楽になってきた” への4件の返信

  1. こんにちは。
    (=^ェ^=)です。

    お久しぶりね~。
    直樹ちゃん、お元気~?

    色々あったみたいだわね。
    おしっこ飲むなんて最高じゃない!!

    私は絶対やらないけどね。

    それで
    またどーでもいい事妄想してるのね?

    困った子猫ちゃんだこと。

    はいはい、この世界がゲームだって事ね?

    それもね、映画になってるわよ!
    題名「ゲーム」よ!マイケル.ダグラス主演の映画よ!

    直樹ちゃんが言ってる世界とはちょっと違うけど、主人公がこの世で踊らされてる所は同じだわよ。

    今度観てみなさいな。

    それでさー、この世は生まれた時点で不公平だって?

    当たり前じゃないの!

    見て分からないの?!

    顔だって違うし、体格だって違う、性別だって違うわよね?

    差別は一切してないけどさ、五体不満足で生まれて来るひとだっているのよ?
    生まれて来る地域や家庭環境だって違うわよね?

    それが、全て同じなんてこの世界の常識ではあり得ないわよね?

    逆に全く同じだったらつまらなくない?

    直樹ちゃんがさ、俺はイケメンだって言ってるのだって不公平だから成立するのよ。

    不細工がいるから成立するんじゃなくって?

    違うかしら?

    まあ、でも妄想する事は悪くないわね。
    考え方を変えて楽になるならいいと思うわよ~。

    なおきちゃんはさ、プライドが高いんじゃなくって器が小さいのよ。

    ホントに器がおちょこだわよ。

    だから、周りとか平均値が気になっちゃうのよ。

    人の事なんて気にしないで今の自分を受け入れてあげなさいな。
    受け入れてあげないと直樹ちゃんが可哀想だわ。
    ホントは素直で優しいいい子なんだからさ。

    そしたらもっと楽になれるわよ。

    そんでもって、器の小さい直樹ちゃんは背負い投げ~!

    1. ねこ さん

      お返事が遅くなって申し訳ありません。
      色々とお気遣いありがとうございます。

      この世がシミュレーションというのも映画になっているのですねw
      ということは、意外と真面目にあっちの世界についてしっかり考えている人が多いということなのでしょうね。
      しっかり考えているというか、興味がある人が多いというか。

      そしてねこさんも映画がお好きなようで、、、そのような趣味があって羨ましいです。

      はい、妄想をすることで逃げていると言われればそれまでなんですが、一人でボーッとする時間が多くなると、ついついあっちの世界のことばかり考えてしまいます。
      そして、やはり自分より優れている人を見ると、「何で俺ばっかり、、、」って考えてしまうんですよね。
      やはり器が小さいんですかね。

      そんな自分を受け入れるというのはとても難しいです。
      ベースが高い人ならそれもできるでしょうが、僕の場合何から何までド底辺なので。
      顔は良いかもしれませんが、それも今のだけです。

      自分を受け入れる方法、、、探していきたいですけどね。。。

  2. ポイント制っていうのは面白い考え方ですね。

    そうすると
    能力が低い人生、生まれた環境が悪い人生というのは、
    今までの人生でポイント稼いでなかったから
    安い人生を選ばざるを得なかった人か、
    前の人生でポイント稼いだ人が
    「お疲れ様でした。次の人生はどうします?
     稼いだポイント使い切ってゴージャスな人生にしますか?」
    「いや、ポイントごっそり稼ぎたいから、
     次の人生もハードモードで」
    と選択した人かどっちかってことですね。

    お坊さんが闇雲に「徳を積みましょう」って言うより
    説得力あるなあ。笑

    1. てる さん

      遅くなってしまって申し訳ありません。
      はい、考えればキリはないのですが、意外とそういった考えもあるのかなと思ったりしています。
      ただし基準が難しいですよね。
      僕は今の人生かなりハードモードだとは思っていますが、身体は健康ですし、特に大きな怪我をしたこともありません。
      ある意味贅沢なのかなと思ったりもしています。
      そういう意味では、現世はポイントを稼いでいるのではなく、意外と消費してしまっているのかもと思ったり。。。
      なんだか本当に中途半端な人生で嫌になってしまいますよ。

      まぁでも、その辺の坊さんよりはよっぽどあっちの世界については考えていると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。