32歳なのに、パパとママからお小遣いもらって悲しくなりました。

 

直樹です。

 

 

先程、呼び出しをくらっていた実家から帰ってきました。

 

 

色々ありましたが、今日は手短に書くことにします。

 

 

北海道で被災されている方々はとても大変だというのに、、、

 

 

俺は何をやっているんだか。。。

 

 

実は俺も震災は少しばっかり経験したことがありますので、お気持ちお察しします、、、

 

 

とは言うつもりはありませんが、一日も早い完全復旧をお祈りしております。

 

スポンサーリンク

 

実家に帰ってからは、早速親に改めて離婚の報告をしました。

 

 

が、、、

 

 

その前に、よほど金の心配をさせてしまったのか、「交通費いくらだった?」という話から始まり、交通費を先に頂戴しました。

 

 

あろうことか、俺は5千円くらい盛った金額で親に申告してしまい、、、

 

 

親は何の疑いもなく俺に言われたままのお金を差し出してくれました。

 

 

その後は、近所で買ったであろう寿司を食べながら、離婚の原因やら何やらを聞かれましたね。

 

 

俺にできることと言えば、出来る限り「元嫁が悪い」という方向に話をもっていくことくらいです。

 

 

ここまで来て、全面的に俺が悪者になる必要はありませんしね。

 

 

この辺はまた改めてブログに詳細を書きたいと思います。

 

 

真意の程は分かりませんが、「それは直樹も大変だったな。」と同情してくれました。

 

 

「本当だよ。。。たぶんもう再婚はしないよ。。。」

 

 

と必死にうなだれてる演技をする俺。

 

 

とはいえ、特に母親はですが、ムスコのことが気になって仕方がない様子でしたね。

 

 

母親が、「もう会えないのが凄く残念。。。」と今にも泣き出しそうな状況になってしまい、「なんとかするから。」と必死にその場を取り繕ってしまいまいました。

 

 

「お願いね。」と言われましたが、何をどうなんとかするかなんて、俺自身に答えなんてありません。

 

 

せめて、あと1回、2回会わせてやることが限界かと思っています。

 

 

それすらもできるか分からないのに。

 

 

父親からも色々言われましてね。

 

 

もう再婚はしないよ。。。と言ったものの、強く再婚を勧められてしまいました。

 

 

「いや、俺にはブスセブンを爆誕させる目標があるから。」なんて言うこともできず、とりあえず「うん、機会があれば。」といことで逃げてきました。

 

 

この辺もまた一悶着ありましたので、別途ブログにて書きたいと思います。

 

 

そんなこんなの実家帰省となり、恐らく俺の親としては、7:3くらいで元嫁が悪いという心境になっていると思います。

 

 

別にこれが10:0で元嫁が悪くなっても、ムスコは戻ってきませんので、あまり意味はないんですけどね。

 

 

先程も書きましたが、ここでわざわざ自分の親すらも敵に回す必要はありません。

 

 

そして、、、

 

 

帰りに、、、

 

 

「これ少ないけど」ということで、ママから封筒を差し出されました。

 

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 

このパターンはおおよそ3万は入っていると予想しました。

 

 

しましたが、、、

 

 

あとで中身を確認したら1万円でした。

 

 

「ケッ、しけてんな」とは言いませんが、ちょっと予想外の金額だったのは言うまでもありません。

 

 

まぁこれは、ドスコイ女子とのデート代にでも使わせていただきましょう。

 

 

でも、、、

 

 

百歩譲って帰省の交通費はありだとしても、32歳にもなって親からお小遣いをもらってしまうなんて、少しだけ悲しくなってしまいました。。。

 

 

すんません、今日は眠たいのでここまでということで。

 

 

とにかく、北海道の皆さんはいろいろ辛いでしょうが、「今が耐え時」だと思って頑張ってほしいです。

 

 

人生常に耐え時の俺が言っても何の励ましにもならないでしょうが、、、

 

 

それでも応援しております。

“32歳なのに、パパとママからお小遣いもらって悲しくなりました。” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。